My first Leica

camera/lens

どうもこんにちは。フルタです。

前回、ライカが気になる!というエントリーを書きましたが、この界隈で気になる発言をしたらどうなるか・・・みなさんご存知ですよね。

Leica M10

はい。ライカ、行かせていただきました!
これが僕のFirst Leicaです。

Leica M10
・・・かっこいい。

実はこのカメラ、1か月以上前に手元に来てたんですけど、ブログに初登場させる時どうしようかな〜とか考えてたらあっという間に1か月経ってしまっていました💦

前回のエントリーではいろいろ書きましたが、ライカを買った理由は、
・かっこいい
・ライカで家族の写真を残したい
・愛着をもって共に月日を重ねる相棒にしたい
という3点が主なところです。

まあ要するに、「気持ちが乗るかっこいいカメラが欲しいよ〜」、という気持ちが抑えきれずに買ってしまいました。ということです。

こんな衝動買いを許してくれた妻には頭が上がりません。
マカロン3個くらい渡しておきます💦

そこで、今日はライカのかっこよさが少しでも伝わればと思い、ブツ撮りをしてみました。
(ライカ撮るために、ストロボと背景のシート買いましたw)

まずは俯瞰で。
(ん?ストロボむずいぞ・・。)

次は斜めから覗き込んだりして。

やっぱりも一度正面も!

最後に後ろ姿も!

ライカのカメラはすごくシンプル。
そのため、ボタン自体がとても少ないんです。
初めは多少不安はあったものの、1か月使ってみて不便に思うことはありませんでした。

Summilux-M50mmF1.4 ASPH.

それから、レンズも購入しました。

初めてのライカにつけるレンズはやっぱりライカ製のレンズがよかった。
そして、できればこれからずっと僕の写真を一緒に撮ってくれる相棒となるようなレンズがいい!

ということで、値段を考えない場合に一番欲しいレンズにしました。

焦点距離50mm、解放F値1.4のズミルックスというレンズです。

ちなみに、ライカのレンズの名前は、概ね解放F値によって決まっていて、解放F値が同じであれば、焦点距離が違っていても同じ名前になります。

代表的なところだと、
F1.4より明るいのがノクチルックス(Noctilux)
F1.4がズミルックス(Summilux)
F2がズミクロン(Summicron)
F2.8がエルマリート(Elmarit)
(古いものとかこれに当てはまらないものもありますが)

なので、50mmのズミルックスも、35mmのズミルックスもある。
50mmのズミクロンも、35mmのズミクロンもあるんです。
ややこしいですねw

あと、ライカのレンズが面白いのは、F値が明るいレンズが暗いレンズの上位互換というわけではないとよく言われていること。
それぞれのレンズに個性があって、それぞれのレンズに独特の写りがある!

・・・と、言われておりますです。はい。(まだ初心者です。はい。)

なにはともあれ、レンズもかっこいい!!

このレンズの気に入っているポイントとして、ピント環に角が付いているところがあります。
そのため、角の位置を触るだけでレンズが今どの距離にピントを合わせているのかが分かります。

M10はマニュアルフォーカスのカメラなので、ピントを素早く合わせるには、構える前にある程度被写体の距離を考えてピントを合わせ始めながらファインダーを覗く必要があるのですが、角があるとそれがとてもやりやすくなります(用がなくても角触ってますがw)。

また、好みの問題ですが、角、かっこいい!w

早速お気に入りのレンズとなりました。

まとめ

と、かっこいいカメラとレンズを買いました。
というご報告です。

この1か月、写真を撮ってみたのですが、このカメラとレンズ、良いです!!

今後は、α7IIIに加え、LeicaM10の写真も載せていきますので、よろしくおねがいします。

 

mottuさんありがとう

最後になってしまったけど、カメラとレンズを日本まで持ってきてくれたmottuさん、ありがとう!!

コメント

  1. […] My first Leicaどうもこんにちは。フルタです。前回、ライカが気になる!というエントリーを書きましたが、この界隈で気になる発言をしたらどうなるか・・・みなさんご存知ですよね。Le […]

タイトルとURLをコピーしました