テレワークと写真の現像が捗る環境づくり

その他

どうも、フルタです。

最近のコロナウイルスの影響でテレワークの機会が増えましたし、息子に部屋を譲って狭い納戸に引っ越したため、自分の部屋の環境を見直してみました。

狭い部屋も、秘密基地感があって結構気に入ってます笑

買ったもの・今後欲しいもの

とりあえず以下の物を購入しました。
・デスク(unico Thumb)
・モニター(BenQ-SW270C)
・モニターアーム(HP-BT861AA)
・ライト(どこか中華製?のやつw)
・マジックトラックパッド2

あとは、もう少し環境を良くするために、
・MacBookPro 13inch(新型でたら)
・ノートパソコンスタンド
・キャリブレーター
があるといいですね。
(ノートパソコンスタンドはアマゾンで注文したのでもうすぐ来る予定^^)

モニターは良い機会なので、仕事で使うだけでじゃなくて写真の現像にも適したのが良いな、と思い、良い機会なので写真の色が正確に見られるカラーマネージメントモニターにしました(BenQ270C)。

秘密基地感がお気に入り。MacBook買い替えたらコードがもっとスッキリする予定!

カラーマネジメントモニターを買った理由

ちなみに、カラーマネージメントモニターは通常の外部モニターと比べるとちょっとお値段が張りますね。

僕は写真は好きですけど、正直色とか解像度に強いこだわりがあるわけでもないし、正直よく分かってないと思ってます(汗

また、カラーマネジメントモニターを検討した人であれば一度はみんな考えると思うんですけど、モニターの色を正確にすることにどれだけの意味があるのか、という点にも少し悩みました。

要は、最近の写真の楽しみ方はもっぱらiPhoneやパソコンで個人的に見たり、外部に発信するにしてもInstagramやtwitter、ブログ等のwebページに載せることがほとんどであって、写真を見る人それぞれが独自の画面(色が正確ではない)で見るので、正確な色に合わせる必要はないんじゃないか、という話です。

それでもカラーマネジメントモニターを選んだ僕なりの理由を書いてみます。
なお、外部ディスプレイを購入した理由と、カラーマネジメントモニターを選んだ理由をそれぞれ書きます。

そんなに大きくは違わないけどやっぱりちょっと色違うな・・・

(外部ディスプレイを購入した理由)
・仕事にも使うので大きな画面(作業領域)がほしい
・拡大しなくても写真を大きく表示できることでピントの位置やズレなどこれまであまり気が回っていない部分にも目が行くようになると嬉しい
・ノートパソコン1台にすることで、管理を簡単にしたい

(カラーマネジメントモニターを選んだ理由)
・正しい色で見たい
・今後自分が写真を見る環境が変わったときに(パソコン買い替え等)色の違いを感じたり過去の現像に違和感を覚えたくない
・写真を続けていく上でどうせ買うなら早いうちがいいだろう
・基準となる画面を持つことで現像時の不安や迷いを払拭したい

とまあ、こんな感じの理由です。

最近、Lightroomで現像をしっかりできるようになりたいな、そのうちPhotoshopにも手を出したりしてみたいな、と思っているんですが、その際に、モニターの色が実はかなり違っていたらどうしよう、と頭の片隅で思いながら現像するのは僕の性格上良くないな、と思ったことが大きな理由です。
(それでも購入を決意するまでかなりの時間かかりましたが・・)

このモニターを購入したおかげで現像の際の色に対する不安はなくなりました。
・・・上手に現像ができない、いじっているとなんか変な色になってくる笑、ってのは腕の問題なのでこれまで通りですが、もう言い訳ができない、というのもある意味良かったです。

これからは、丁寧に現像して(できるかは別問題ですよ!腕の問題なので・・・泣)写真を楽しんでいきたいと思いました。

では、また少し現像してきます♪

あ、あまり触れてませんが、モニターアーム、いいですよ!!
場所を自由にいじれるし、台座部分が大幅に省スペースにできます!
ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました